特別記事|2018年5月1日

研究を通じた技術スキルの向上研究責任者とのインタビュー

Tokyo Techies Robotics Research

Tokyo Techies研究プロジェクト

Tokyo Techiesでは、年間を通して研究プロジェクトに参加しています。これらのプロジェクトは実地的要素がある為、学生は技術的スキルのより深い知識を得る事が可能になります。今日、私たちは、なぜ研究があらゆる年齢の学生にとって重要であるのかを、研究の責任者に尋ねます。

研究責任者とのインタビュー

Q1:研究はなぜ学生に大切なのですか?

A1:科学とテクノロジーの分野で働くには、今が最もエキサイティングな時期であるため、研究は学生にとって最も関連性が高いと言えます。これは主に、前述した分野の人気、関心、出資の上昇によるものです。一般的に言えば、学生は大学院に進学後初めて正式に研究に触れる事ができるだけです。一部の国では、学生は適切な指導を受け、学部レベルで研究に触れる事ができます。ほとんどの場合、実際の研究を経験するのは大学生になってからというのが現状です。研究スキルを向上させるための鍵は、学生が若い頃から正式な研究機会に触れ、参加することにあると私は考えます。Tokyo Techiesでは、さまざまな研究プロジェクトに参加しており、多くの場合、チームはインストラクターと1~2人の学生で構成されています。

Q2:Tokyo Techiesの研究プロジェクトに参加したことで学生は何を得ましたか?

A2:Tokyo Techiesでは、最初に基本的なプログラミングまたはロボティクスのコースを受講します。その後、トピックに関する理解を深めるために個人またはグループ研究プロジェクトに参加します。例えば、私の2人の学生は75メートルまで潜水する能力を持つ水中ロボットに取り組みました。このプロジェクトで彼らは、エレクトロニクスとセンサーを使ったハンズオンのエンジニアリングを経験しました。その他の学生の一人は現在、サッカーのデータを取得するGPSデバイスに取り組んでいます。プロジェクトを通して、彼はC ++のより高いレベルでプログラムとコードを書くことを学びました。完了すると、GPSは彼の学校のサッカーチームに配置されます。これらの研究プロジェクトを完了することによって、学生らは、プログラミングとロボット工学の知識を応用する能力を習得することができました。

Q3:私は研究の経験がありませんが、始めるには遅すぎますか?

A3:十分なガイダンス、指導、動機と情熱があれば、新しいスキルを習得するのに遅すぎることはありません。実際、私たちはここ日本で2018年若者向け研究者会議を開催しています。会議は世界中の高校の研究者によってなされたプレゼンテーションで構成されています。Tokyo Techiesでは高校生からの研究論文の応募を受け付けています。この会議は、すべての学生が研究と技術への関心を深める絶好の機会です。

学生の研究プロジェクトと2018年の若者向け研究者会議の詳細については、ブログ記事をご覧ください。

合わせて、ハーバード大学の学生参加研究プロジェクトも是非お読みください。

AI研究にご関心をお待ちでしたら、下記のボタンにご参考ください