ロボティクス - 上級レベル

難易度: ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

コース詳細

本コースは、以前のコースでのArduinoを使用から、Linuxを実行しているシングルボードコンピュータへと移行します。つまり、Raspberry Piの使用です。ここでは、小型のIoTデバイスを作るために、カメラなどの高度なセンサーを統合して使用する方法を学びます。

コース学習目標

コース修了時に受講生は下記の内容を修得できます

  • シングルボードコンピュータ (Raspberry Pi等)の使用
  • シングルボードコンピュータで様々なセンサーやハードウェアを使用する
  • 高度に複雑なIoT プロジェクトを自力で実装する
    
    

本コースのカリキュラム

      1. 8 bit マイクロコントローラ (Arduino) と 32ビットシングルボードコンピュータの比較
      2. Raspberry Piの概要
      3. Raspberry Pi ポート
      4. Raspian OS をインストールする
      5. Raspbianをナビゲートする

Raspberry Piでカメラを使用する

Android デバイスから入力を受信する

Raspberry PiのGPIOポートを使用してモーターを制御する

Raspberry Pi からスマートフォンに画像を取り込む

Raspberry Pi からスマートフォンに画像を取り込む

IoT デバイスを作る: Smartlock

IoT デバイスを作る: Smartlock (継続)

受講条件

ロボティクスビギナー と 中級レベル 修了済み

近日開催のコース / ワークショップ

Group name Start date Session duration Number of sessions Standard price

本コース修了後には下記のコースを取る事をお薦めします!

もっと他のオプションをお探しですか?

FEATURED MENTOR

Tokyo Techies Lecturer

アビ・ハメド (Ph.D)

ロボティクスエンジニア

医療用ロボティクスの研究学位を取得し、日本に引っ越してからモバイルロボティクスを取得。

Expertise is quite broad rather than specialist having worked on ロボットタッチセンサー、レーザー距離センサー、機械設計、マイクロコントローラー、ロボットオペレーティングシステム (ROS)、 移動式ロボットナビゲーションなどに取り組んできたスペシャリストよりも専門知識はかなり広い。

家庭教師、教授助手として数年の教授経験あり。