React Nativeとクラウド開発 - 上級レベル

難易度: ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

コース詳細

React NativeならJavaScriptを使用してモバイルアプリを構築できます。宣言的に定義したコンポーネントを用いて、上質なモバイル UI を構成することができます。React Nativeで作成するのは「モバイル・ウェブ・アプリ」でも「HTML5 アプリ」でも「ハイブリッド・アプリ」でもありません。作成するのは、Objective-CやJava を用いて作成したアプリケーションと見分けがつかない、本当のモバイルアプリです。AWS Lambdaはサーバーをプロビジョニングまたは管理しなくてもコードを実行できるようにするコンピューティングサービスです。AWS Lambdaは必要な時のみコードを実行し、一日に数回のリクエストから毎秒数千回まで自動的に拡張します。



		

コース受講必要条件

  • JavaScript上級プログラミングスキル
  • Java基本プログラミングスキル
  • React Native 構造を十分理解している事
  • モバイルアプリケーションの構築方法に関する知識
  • Amazonウェブサービスを十分理解している事
  • ネットワークプロトコルとAPI構築を十分理解している事
  • フルスタック開発とは何か、基本的な理解がある事

本コースのカリキュラム

      1. 基本のプログラミング概念
      2. Java および JavaScriptで使用されるIf 文, ループ文, switch文などの基本のシンタックス
      3. React Native 構造入門
      4. Gradle および Maven 入門
      1. 開発環境
      2. Linux ターミナル – React Nativeを使用してアプリのスケルトンを構築する
      3. IntelliJ および Android Studio のインストール
      4. React NativeでHello World アプリケーションを実行する
      1. 初めてのクロスプラットフォーム モバイルアプリケーションを構築する
      2. 電話とエミュレータでビルトイン アプリケーションを実行する
      3. iOS とAndroid バージョンを同時に作成する
      4. 主となるReact Nativeコンポーネントの紹介
      5. アプリケーションをデバッグする
      1. React Nativeを使ってより複雑なビューやレイアウトを構築する
      2. React Nativeのルートを使ったUI フローの実装
      3. React Nativeアプリケーションのステート, プロパティ, メニュー, ルート 
      1. クラウドコンピューティング序説
      2. Amazon Lambda, Amazon S3 および Amazon EC2
      3. Amazon API Gatewaの使用法

Amazon Lambda と JavaにデプロイされたREST サービスの実装

      1. React Native 外部ライブラリ序説
      2. これらのライブラリを私達のプロジェクトとリンクする方法
      3. React Native スケジューラ
      4. React Native バックグラウンドタイマー, 非同期ストレージ など
      1. 受講者の選んだプロジェクト
      2. 受講者は実際に API をReact Native モバイルアプリケーションに接続します

受講者の選んだプロジェクト

近日開催のコース / ワークショップ

Group name Start date Session duration Number of sessions Standard price

もっと他のオプションをお探しですか?

本コース修了後には下記のコースを取る事をお薦めします!

FEATURED MENTOR

Tokyo Techies Lecturer

ジェームズ・ボルグ

機械学習研究員

ジェームズは東京大学でメカノインフォマティクスの修士号を取得中であり、 コンピュータービジョンにおける機械学習のアプリケーションを研究しています。彼はAIのあらゆる事に多大な関心を持っており、社会に有益な安全なAIを保証する研究に貢献したいと望んでいます。